関ジャニ錦戸亮、日テレで連ドラ初主演!仕事できない残念な夫役

[ 2017年5月2日 01:00 ]

日本テレビ
Photo By 提供写真

 「関ジャニ∞」の錦戸亮(32)が、日本テレビ7月期の連続ドラマ「ウチの夫は仕事ができない」(土曜後10・00)で主演を務めることが2日、分かった。1日に番組出演した、グループメンバーの村上信五(35)がMCを務める「月曜から夜ふかし」(月曜後11・59)で発表した。日本テレビ系の連続ドラマで初主演となる。

 錦戸は「月曜から―」の中で「7月スタートの土曜ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』に出演します。僕が演じる“仕事ができないちょっと残念な夫”が、奥さんと協力して仕事を頑張る、笑って泣ける“お仕事ホームドラマ”です」と発表した。

 錦戸が演じる小林司は会社のお荷物社員。小林は「できる夫」と信じ込んでいる妻に、現実の姿を知られまいと奮闘するが、仕事でミスを繰り返してしまい部下からも軽蔑されてしまう。ついに「会社辞めたい」と限界を感じた時に妻の妊娠が発覚。一家の大黒柱として、会社を辞めるわけにはいかないと夫婦二人三脚の“社会サバイバル”がスタートする。

 2009年の24時間テレビスペシャルドラマ「にぃにのことを忘れないで」で主演を担ったが、今作が同局での連続ドラマ初主演。実力派の熱演に注目だ。

 ◆錦戸 亮(にしきど・りょう)1984年(昭59)11月3日生まれの32歳。大阪府門真市出身。97年にジャニーズ事務所入りして、関西ジャニーズJrで活躍。04年、NEWS、関ジャニ∞の一員としてCDデビュー。NHK朝の連続テレビ小説「てるてる家族」、フジテレビ「1リットルの涙」、TBS「流星の絆」など話題作に多数出演。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2017年5月1日のニュース