「逃げ恥」エンディング“恋ダンス”に安住アナ登場「さすが」の声

[ 2016年12月14日 06:30 ]

TBSの安住紳一郎アナウンサー
Photo By スポニチ

 13日放送のTBS「逃げるは恥だが役に立つ」(火曜後10・00)のエンディングの“恋ダンス”に同局の安住紳一郎アナウンサー(43)が登場した。

 9日放送のTBS「ぴったんこカン・カン」(金曜後7・56)で「石田ゆり子・星野源・安住紳一郎の“恋ダンス”ぴったんこバージョンの完成披露版」が放送され話題を呼んだ。番組内でドラマのヒロイン・みくり(新垣結衣)の伯母・土屋百合役を好演中の石田ゆり子(47)がドラマのプロデューサーに「来週の『逃げ恥』のエンディングにこの、今撮るのを使ってもらえないでしょうか?」と直談判。安住アナは「この最終回1週前の大事な回ですよ。そこのエンディングに私が出る必要がありますか?」と抵抗も「うまく踊れたら」という約束を取り付けた。

 みっちり2時間練習し、無事にオンエア。星野源(35)も加わり、安住アナも表情は硬かったものの踊り切ったことで、この日の「逃げ恥」のエンディングで数カット取り入れられた。

 「ぴったんこカン・カン」を見ていなかった視聴者の中には「 安住さんいたよね! びっくりしたよ」「なんか安住さん増えとる」「何故 安住さん」とつぶやく人もいたが、「安住さんに全部持ってかれた!!!」「サブリミナル安住に笑った」「さすが安住さん」と好評だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年12月14日のニュース