広がる広告界“ベッキー・ショック” ローソンもCM一時取りやめ

[ 2016年1月9日 05:30 ]

不倫交際報道について会見するベッキー

 コンビニ大手の「ローソン」が8日、ベッキーが出演していたテレビCMの放送を一時取りやめることを決定した。取りやめの期間は未定。

 今後について同社は「打ち切りということではなく、一時放送を見合わせるということ。契約などについては今後状況を見て検討する」としている。写真スタジオ「スタジオアリス」では、「店頭の広告物を順次取り下げていく」とした。

 ベッキーは10社と広告契約を結んでいたが、騒動後、すでに1社が別商品への差し替えを決めている。また、「ナガセ」は10、11月実施の高校生テストの広告で、すでに終了。「花王」と「NTT都市開発」が1月中に契約満了を迎え、両社とも「予定通り終了」としている。

 一方で「ケイ・オプティコム」は「現在はCMの変更を検討してはいない」と続行を表明している。

 ◆ベッキーの出演CM(商品名) (1)太田胃散(A錠剤)(2)スズキ(アルト エコ)(3)花王(「バブ」シリーズ)(4)ローソン(5)ケイ・オプティコム(mineo)(6)損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険(7)ナガセ(全国統一高校生テストなど)(8)NTT都市開発(ミソノミラクルワールド)(9)スタジオアリス(10)ソースネクスト

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年1月9日のニュース