PR:

加藤武さん、サウナで倒れ急死 86歳 前日までは元気だったのに…

86歳で死去した俳優の加藤武さん

 劇団文学座代表で、市川崑監督の「金田一耕助シリーズ」の警察官役など、名脇役として活躍した俳優加藤武(かとう・たけし)さんが7月31日夜、東京都内の病院で死去した。86歳。死因は不明。東京都出身。葬儀・告別式は親族だけで行う。持病はなく、最近も多忙な日々を過ごしていた。トレーニングに訪れたスポーツジムのサウナで倒れ、帰らぬ人となった。

 文学座によると、加藤さんは大きな病気をした経験がなく、最近も元気だった。時間があればスポーツジムに通い、エアロビクスなどで汗を流していた。31日はジムのサウナで汗を流していた際に倒れた。都内の病院に搬送され、死亡が確認された。詳しい死因は分からないという。

 亡くなる前日の30日には、東京・信濃町の文学座で、月次定例会に出席。普段と変わらぬ様子だったといい、関係者は「全くもって元気だった」と驚きを隠さなかった。17日には俳句の会に出席、19日には朗読会を開いていた。

 9月26日から岐阜県可児市で主演舞台「すててこてこてこ」が上演予定で、今月後半から始まる稽古に向け、準備していたところだった。

 早大卒業後、中学教諭を経て、1952年に文学座入り。こわもての風貌と愛きょうのある演技で、悪役や個性の強い役どころを務め、07年に亡くなった北村和夫さんとともに文学座の中核俳優として活躍した。

 市川崑監督「犬神家の一族」「八つ墓村」など横溝正史原作の金田一耕助シリーズで演じた警察官役では「よーし、分かった」の決めぜりふで作品に欠かせない存在だった。「隠し砦の三悪人」など黒澤明監督作品にもたびたび出演。「悪い奴ほどよく眠る」では、同じ場面を30回以上撮り直し、強烈な照明の熱さに耐えかねて倒れそうになったことも。「三船敏郎さんがひゅっと差し出した水を飲んだら、はっと我に返り、それでOKが出た」とスターから受けた恩を忘れず、半世紀以上たってもうれしそうに語っていた。

 「仁義なき戦い」「釣りバカ日誌」といった映画の人気シリーズや、「風林火山」などのNHK大河ドラマでも、印象的な脇役を演じた。今年2月、演劇界の長年の貢献が認められ、読売演劇大賞の芸術栄誉賞を受賞した。

 演技以外の活動にも精力的だった。太鼓打ちの名手としても知られ、低音の声で朗読劇や海外ドラマ、アニメの吹き替えでも活躍。今年1月に都内で行った朗読独演会では「舞台でも何でもやりたい。いつも意欲を持ってないと駄目。命ある限りやってやりたい」と熱く語っていた。

 夫人を1995年ごろに亡くしてからは一人暮らし。2人の娘がいる。葬儀・告別式は親族のみで行う。文学座が、お別れの会か劇団葬を開くことを検討している。

 ◆加藤 武(かとう・たけし)1929年(昭4)5月24日、東京・築地小田原町(現中央区)生まれ。早大文学部英文科卒。52年に文学座「狐憑」で初舞台。映画は市川崑監督「犬神家の一族」(76年)などのほか、金田一耕助シリーズや「仁義なき戦い」「釣りバカ日誌」の人気シリーズに出演した。テレビではNHK大河ドラマ「風林火山」(07年)などで印象的な脇役を演じた。著書に「昭和悪友伝」など。

[ 2015年8月2日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:11月19日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル