山Pが難役挑戦!連ドラ「アルジャーノンに花束を」で野島氏とタッグ

[ 2015年2月6日 07:00 ]

ダニエル・キイス/小尾芙佐訳「アルジャーノンに花束を」(ハヤカワ文庫)

 歌手で俳優の山下智久(29)が4月スタートのTBS系ドラマ「アルジャーノンに花束を」(金曜後10・00)に主演することが6日、分かった。米作家ダニエル・キイスの同名ベストセラー小説が原作。数々のヒットドラマを生みだしてきた日本を代表する作家・野島伸司氏(51)が脚本監修を務める。

 山下が演じるのは、28歳だが知能は幼児並みの精神遅滞者の白鳥咲人。白ネズミのアルジャーノンと同じ知的能力を向上させる脳外科手術を受けて天才的な知能を手に入れる一方、孤独と苦悩も抱えるという難役だ。

 これまで純真な青年役からダークヒーロー役まで幅広くこなしてきた山下だが、今回の役柄については「まだ手探りな状態」という。「すごく難しいし自分としてもチャレンジな役柄なので、最後まで気を抜かずに1個1個自分のものにできるように頑張っていきたいと思っています」と決意を語っている。

 世界的名作に“野島ワールド”を加え、現代の日本の物語へとアレンジする野島氏は「原作ファンは元より、新しく知るであろう人達をも満足出来るような作品作りをスタッフ、キャスト一同目指して行きたいと感じています」とコメント。主演を務める山下に対しては「役者として一人二役を演じる、しかも現実味には一人であり二人である、尚且つその繊細に変わりゆく姿すら演じるという最高難度の芝居が要求される。山下君なら越えてくれると信じてます」と期待し、「視聴者の皆さんも物語の主人公の苦悩と共に彼の演者としての葛藤と成長を見守って上げて下さい」とメッセージを送っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年2月6日のニュース