はるかぜちゃん 14歳誕生日にツイッター再開 事務所移籍も報告

[ 2015年2月5日 09:50 ]

人気子役の春名風花

 「はるかぜちゃん」こと人気子役の春名風花が14歳の誕生日を迎えた4日、ツイッターを再開し、芸能事務所「ワタナベエンターテインメント」に所属したことを報告した。

 春名は先月22日、「しばらく、お休みします」とツイートした後、17万人超のフォロワーを抱えていたアカウントを削除。それから約2週間後の4日夜にツイッターを更新し、「みなさん お元気ですか? 春名風花です。このたび ワタナベエンターテインメントに所属し、心機一転あらたな気持ちでTwitterを再開しました。 事務所の方から『自分の気持ちを発信できる場所を大切に』と言っていただいたので…」と再開を報告した。

 記念日に新たなスタートを切った春名は、自身の笑顔の画像も掲載。「私は今日2月4日で、14歳になります。新たな一年、新しいスタート。これからも頑張ります。応援よろしくお願いします!」とファンにメッセージを送った。

 春名は大人びた発言や、度重なる批判的な書き込みへの巧妙な対応などでツイッター上で人気を集めていたが、なりすましアカウントが登場するなどトラブルにも悩まされていた。先月には、同15日に亡くなった声優・大塚周夫さんの名前を長男の大塚明夫と間違えたことで厳しく追及されるなどしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年2月5日のニュース