SMAP効果!稲垣&香取参戦「すべらない話」3年半ぶり15%超え

[ 2015年1月13日 10:33 ]

「ダウンタウン」の松本人志

 SMAPの稲垣吾郎(41)と香取慎吾(37)が、お笑い芸人以外として初参戦したフジテレビ「土曜プレミアム・人志松本のすべらない話」(後9・00)が10日に放送され、平均視聴率は15・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。15%超えは2011年6月25日(第20弾)の17・2%以来、3年半ぶりとなった。

 前回(昨年6月28日、第26弾)の12・7%からは2・5ポイント上昇した。
 
 第27弾となった今回は「原点回帰」を掲げ、近年恒例となっていた著名人を観覧ゲストとして招くスタイルを廃止。サイコロの目も、誰が話してもいい星マークを入れずに出演者の名前のみを記す形に戻した。

 トップバッターが当たった香取は1989年に故森光子さん主演のTBSドラマ「時間ですよ 平成元年」に出演した際の秘話を披露。稲垣は「謎の半同居人」の存在を明かし、出会いなどを笑いを交えながら告白した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年1月13日のニュース