小室 KEIKOに「目標」は“禁句” ネイルなど「瞬間」が快適

[ 2014年9月8日 12:00 ]

ツイッターで、妻KEIKOの近況を報告した小室哲哉

 音楽プロデューサーの小室哲哉(55)が8日、自身のツイッターを更新。2011年にくも膜下出血で倒れ、療養中の妻でglobeのKEIKO(42)の近況を報告した。

 「僕の今の活力は家族の未来です。桂子はその中心ですが、周りの家族と日々、今日は何を食べようか、ネイルに行こうかなとか、その瞬間に思い描くことが快適なようで、明日、来週のこと、来月のことを考えるのはすごく疲れるらしく、夢とか目標とかは言及に気を付けています」と1日1日を過ごしていくことが大切な様子。いついつまでにと期限を区切っての回復目標などは、口にしていないとみられる。

 「人は何かに向かって日々を重ね、形になることを、きっと夢や目標という言葉や想いに託すのでしょうが、ある時は気ままに気楽に日の出から日の入りに寄り添い、青空や雨音と付き合い、再びアラームや飛び交う情報に気を使わないで過ごせる時間が必要なことを実感させられます」。夢や目標に縛られない、時には自由な時間の必要性を痛感する。

 「その時期が必要としている人をサポートするのが周りの、僕たちなんだろうと思い、今日も創作活動にいそしむわけですが、僕は音や言葉を紡ぐ仕事をすることが大好きで、それに時間を費やすことが、どれだけ幸せなことか。本当に思っています。ちょっとでも皆さんのお役に立てたらと」と自身の音楽活動の“意義”を見つめた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2014年9月8日のニュース