石原裕次郎さん二十八回忌 渡哲也「折に触れ思い出して」

[ 2014年7月18日 05:30 ]

故石原裕次郎さんの命日で墓参した(前列左から)神田正輝、石原まき子夫人、渡哲也、舘ひろし(後列左から)金児憲史、池田努、宮下裕治、徳重聡

 1987年に52歳で他界した故石原裕次郎さんの命日の法要が17日、横浜市の総持寺にある墓前で営まれた。

 夫人の石原まき子さん(80)は「きょうで二十八回忌になります。たくさんの方々がお見えになって裕次郎は何て幸せなんだろうと思います」と詰めかけた約500人のファンにあいさつ。渡哲也(72)、舘ひろし(64)、神田正輝(63)ら石原軍団の俳優も出席し、渡は「折に触れ、裕次郎さんを思い出していただきたいです」と語った。

 この日から石原プロのホームページで、舘と徳重聡(35)、宮下裕治(39)、池田努(35)、金児憲史(35)が歌った社歌「太陽と星たちの賛歌」の無料配信がスタート。舘は「歌って、あらためて裕次郎さんと触れ合えた気がしました」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2014年7月18日のニュース