ハロプロ AKB襲撃に「強い憤り」イベントは警備強化して実施

[ 2014年5月27日 19:05 ]

モーニング娘。’14

 「モーニング娘。’14」などが所属する女性アイドル集団「ハロー!プロジェクト」が27日、AKB48のメンバーが握手会で切り付けられた事件を受け、公式サイトで「大変ショックであり、強い憤りを感じております。なによりも負傷された方々の一日も早いご回復をお祈り申し上げます」とメッセージを発表した。

 ハロプロでも握手会などファンと接するイベントをたびたび開いているが、「今回の事件を厳粛に受け止めて、今後予定されている握手会等のイベントに関しまして弊社内で検討した結果、楽しみに待っていただいているファンの皆様のためにも、予定通り実施することに致しました」と予定通りイベントを行うことを発表した。

 警視庁万世橋署がAKBの運営会社に警備を強化するよう要請したように、今後はアイドルイベントに安全対策がより求められるようになることは必至。ハロプロは「弊社タレント及び参加されるファンの皆様のより一層の安全確保のために、これまで以上に警備を強化し運営してまいります」と警備の強化を約束した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年5月27日のニュース