指原がPR 大分市CM14編を公開

[ 2014年5月27日 18:18 ]

 大分市は28日から、アイドルグループHKT48の指原莉乃を起用した観光PRのCMを、市の公式動画サイトで公開する。6月10日までは県内の民放でも放映する。

 指原は大分市出身で、市の観光大使を務める。自身も出演した釘宮盤市長は「指原さんの全国的な知名度で、幅広い世代に市の魅力をPRしてほしい」と期待している。

 CMは全14編。指原が市民らと共演しながら、特産の関アジ、関サバや源泉数が日本一の温泉、野生ザルの餌付けで有名な高崎山自然動物園などの名所を案内する。

 制作費用は総額約330万円。映画監督堤幸彦氏が総合演出し、4月に公開した市のPRドラマ「ADあべ君」の第2弾として作った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2014年5月27日のニュース