ASKA容疑者 所持覚せい剤は「アンナカだと思っていた」

[ 2014年5月21日 05:30 ]

ASKA容疑者
Photo By スポニチ

 ASKA容疑者が、自身が所持していた覚せい剤について「アンナカだと思っていた」と供述していると、TBSなどが報じた。

 アンナカは興奮鎮痛剤「安息香酸(こうさん)ナトリウムカフェイン」のこと。昨年8月に薬物使用疑惑が週刊文春で報じられた後、ASKA容疑者自身が同誌上で「僕が使っていたのはアンナカです」と説明していた。ASKA容疑者は容疑を否認し続けており、「暴力団関係者からアンナカと聞いてもらったもの。覚せい剤ではなくアンナカだと思っていた」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年5月21日のニュース