野村義男 栩内容疑者との親密関係否定「2人で食事したことない」

[ 2014年5月21日 21:16 ]

“疑惑”を否定した野村義男

 ASKA容疑者とともに覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された栩内(とちない)香澄美容疑者と一緒に食事などをした「有名ミュージシャン」として、ネット上などで名前の挙がっていたミュージシャンの野村義男(49)が12日、自身の公式ブログを更新し、栩内容疑者にまつわる“疑惑”を否定した。

 「今回の報道の中で“野村義男”の名前が出て来ているので、この場を使って、説明をさせてください」と切り出すと、まずは「2人で食事に行ったことは一度もありません」と親密関係を否定。うどん店の店員が一緒に来ていたとの発言をしていたことに対しては「お店には、去年の5月と7月の2度だけ、行った事があります。どちらも複数人の食事会で、僕のレコーディングの手伝いをしてくれてる人が、栩内さんの知り合いで、5月も7月も、仕事が終わってからの、後からの食事参加でした」と説明した。

 栩内容疑者と初めて会ったのは「4年前の知人の飲み会」だったといい、その後も何度か飲み会の席で一緒になったが「2人で飲みに行った事も無ければ、もちろん、彼女の家も知りません」ときっぱり。連絡先も知らないという。

 ASKA容疑者との関係にも触れ、昨年12月にASKAのスタッフも交えて会ったが、やはり「ASKAさんの連絡先も、お互いに知りません」とつづった。

 疑惑の声が挙がったことに「数日間は、ギターに触れることも出来ませんでした。身体中の力が抜けるのも感じました」と、すっかり憔悴しきった様子。最後はファンに向けて「大変ご迷惑をおかけしてすみませんでした。心から、みなさんの愛も感じる事も出来た経験になりました」と謝罪して結んだ。
 
 

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年5月21日のニュース