めざまし6代目お天気キャスターは“リケジョ”小野彩香「元気届ける」

[ 2014年3月11日 16:00 ]

めざましテレビ6代目お天気キャスターに就任した小野彩香

 フジテレビの朝の情報番組「めざましテレビ」で4月から新たに加わる6代目お天気キャスターの発表会が11日、東京・台場の同局で行われた。09年から丸5年間務めた長野美郷キャスター(27)に代わりバトンを受け取ったのは小野彩香(22)。今春卒業を迎える理系女子大生だ。

 21年目を迎える朝の看板番組の一員に加わる小野は現在、都内の大学に通う4年生。歯科衛生士を目指していたが、歯みがき実習を通じて、人に情報を届ける喜びを知りキャスターを志したという。報道陣の前で初のお披露目に緊張の面持ちだったが、「ひとつの物事に疑問を持ったら根拠を求めてしまう」と“リケジョ”ぶりを笑顔で自己紹介。「家を出る前の人たちの背中を押してあげるような、少し笑顔を乗せた元気を届けたい」と抱負を語った。

 「めざましテレビ」は今春から大幅刷新。3月31日から早朝の「めざにゅ~」に代わり「めざましテレビアクア」(月~金曜前4・00~5・25、一部地域を除く)が始まる。卒業した長野キャスターは金曜日と「めざましどようび」(土曜前6・00~8・30)のメーンキャスターに起用され、「パリっとしたスーツでニュースを読むのにあこがれていた。自分が楽しんでワクワクする土曜日の朝をお伝えしたい」と声を弾ませた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年3月11日のニュース