今年は積極的?和田大会委員長「秘めた闘志持っている」

[ 2014年1月27日 05:30 ]

<ミス日本コンテスト2014>最終審査に残った(前列左から)上原朋子、太郎良綾、長野愛梨、沼田萌花、花岡麻里名、近藤祐加(後列左から)神田れいみ、坂口莉果子、尾崎優子、臼田美咲、長谷川舞衣、本田華奈子、山谷萌子(敬称略)
Photo By スポニチ

第46回ミス日本コンテスト2014前夜祭・激励会

(1月26日 東京・新宿の京王プラザホテル)
 今年の大会コンセプトは「行動するこころ美人」。候補者を指導してきた大会委員長の和田優子さんは、「今年の特徴は、積極的に何かをなし得ようとする姿勢が強い候補者が多い。おっとりしていても、内に秘めた闘志を持っている」と説明。

 13人のファイナリスト全員が平成生まれというのは今回が初めてで、コンテストに新しい風を吹かせてくれそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2014年1月27日のニュース