J・チェン また失言「どこかで津波や大地震が起きてほしい」

[ 2013年10月25日 08:04 ]

 香港俳優ジャッキー・チェン(59)が23日、主演映画のPRで訪れた米カリフォルニア州で「どこかの国で大津波や大地震が起きてほしい」と問題発言をした。香港メディアなどが伝えた。

 地元メディアとのインタビューで、中国と米国の今後の関係について聞かれ「こう言ってはなんだが」と前置きし、「世界のどこかで大津波や大地震のような災害が起こればいい。世界中が手を取り合って救援に向かう。そういう光景を見ると幸せに感じる」と述べた。「災害がないと、国と国は争いばかりだから」と続けた。

 ジャッキーは東日本大震災の発生直後、チャリティー公演を行い、約3億2000万円の義援金を集めた。日本でも人気者だが、今回の発言は被災者の感情を逆なでする可能性もある。

 失言癖は有名。08年には「テレビを買うなら日本製。中国製は爆発する」今年1月には「米国は世界最大の汚職国家」などと語って批判を浴びた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年10月25日のニュース