中居正広“大切な日”も舞台あいさつ「しち面倒くさかった」

[ 2013年9月27日 07:39 ]

 SMAPの中居正広(41)が26日、都内で行われた主演映画「ATARU」(監督木村ひさし)の大ヒット舞台あいさつに登場した。

 25日時点で観客動員92万人、興行収入11億円を突破。公開前の9月初めから精力的にキャンペーン活動を展開。この日が18回目の舞台あいさつで「プロ野球の優勝争いが盛り上がる季節に本当、しち面倒くさかった。巨人が優勝決めた日も舞台あいさつだった」と毒づいて笑いを誘った。写真撮影では主人公の巨大バルーンが登場して観客を沸かせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年9月27日のニュース