矢口真里 中村昌也に慰謝料払った「条件面で合意に達した」

[ 2013年5月31日 06:00 ]

“身長差婚”で話題となった矢口真里と中村昌也だったが、わずか2年で離婚

 タレントの矢口真里(30)と俳優の中村昌也(27)が30日、都内の区役所に離婚届を提出した。2人は所属事務所を通じて「お互いの将来を見据えて別々の道を歩んでいこうという結論に至りました」と報告。11年5月22日に結婚してから、わずか2年のスピード離婚。一部で報じられた矢口の不倫騒動で夫婦関係が破綻したとみられる。

 この日正午すぎ、双方の所属事務所が連名で離婚を発表。「関係者の皆様ならびにファンの皆様にはご心配やご迷惑をかけて参りましたことをここに改めてお詫(わ)び申し上げます」とした上で「この結論にたどり着くまで2人で何度も話し合いましたが、お互いの将来を見据えて別々の道を歩んでいこうという結論に至りました」と説明した。

 書面では理由について言及しなかったが、2月23日に矢口が不倫現場を中村に目撃されたと一部で報じられたことが原因とみられる。関係者によると、中村はこの直後に家を出て行き、矢口も3月末には実家近くのマンションに住み始めた。

 離婚協議が始まったのは別居中だった3月。2人が直接話し合う機会も何度かあった。最近は連日協議の場が持たれていたようで、別の関係者は「2人の主張を伝え、条件面で合意に達した」という。矢口側は中村側に慰謝料を払った。

 この日は代理人が都内の区役所へ離婚届を提出。11年5月22日に結婚し、身長差47・5センチの“凸凹夫婦”として話題を集めたが、わずか2年で結婚生活にピリオドを打った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2013年5月31日のニュース