アンジェリーナ・ジョリー G8会合で紛争地の性暴力防止訴え

[ 2013年4月12日 08:07 ]

11日、ロンドンでのG8外相会合で、紛争下での性暴力防止を訴えるアンジェリーナ・ジョリー

 ロンドンで開かれた主要国(G8)外相会合で11日、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の特使を務める米女優アンジェリーナ・ジョリーが演説し、紛争下での性暴力防止を訴える一幕があった。

 主要国は11日、中東やアフリカを中心に性暴力被害に遭った女性らのために約2300万ポンド(約35億円)を拠出するなど包括的な支援策で合意。議長国・英国のヘイグ外相らとともに演説に臨んだジョリーは「被害者の声が届いた」と歓迎した。

 この問題への積極的な取り組みで知られるジョリーは「紛争下での性暴力は防ぐことができる」と強調。「全世界的な問題」である性暴力の防止に向け、国際社会の一層の取り組み強化を訴えた。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年4月12日のニュース