ISSAと婚約解消の福本幸子 アナフィラキシーショックで病院搬送

[ 2012年12月18日 11:09 ]

病院に搬送されたことを明かした福本幸子

 「DA PUMP」のISSA(34)との婚約解消が明らかになった女優福本幸子(30)が18日、自身のブログで、アナフィラキシーショックのため病院に搬送されたことを明かした。

 「三週間で二度目のアナフィラキシーショック。EPIPEN持ってるのにまさかの不携帯で、また病院に運ばれる始末」とつづった福本。「全身の痒み、浮腫、嘔吐、下痢、呼吸困難、難聴、血圧低下、意識障害」という症状が一瞬にして出たといい、「冗談抜きで、もう殺してください!って思うくらい苦しくて」とそのつらさ、苦しさを明かした。

 それでも、「健康であること、生きてることに感謝する事を忘れた私に、神様からの戒めだったんだろうと思う」と困難を謙虚に受け止めた福本。「良い事も悪い事も、自分に起こる全ての物事に感謝」と前向きな言葉でブログを締めくくっている。

 福本は昨年12月にISSAと婚約も、婚約解消していたことが今年11月に発覚。同月28日にはツイッターで「心臓を刺されているのに死ねない拷問を受けているようだ」と英語で投稿し、苦しい心境を明かしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2012年12月18日のニュース