ますおか岡田&鈴木奈々 深みがない「足湯トーク」

[ 2012年11月2日 06:00 ]

新発売するラーメンと寿司をPRする岡田圭右(左)と鈴木奈々

 お笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右(43)とモデルの鈴木奈々(24)が1日、都内で行われた回転寿司チェーン「くら寿司」の新商品発表記念イベントに出席した。2日から全国の店舗に登場するのは「7種の魚介醤油(しょうゆ)ラーメン」。“お客さま第1号”として来店した鈴木に、店長役の岡田が同ラーメンを提供した。

 くら寿司のユニホームがバッチリ似合う岡田。持ちネタに引っ掛け、まずは「くら寿司ラーメン、開店ガラガラ!」と宣言。ラーメンをすすった鈴木は「おいしーい!スープに深みがあって、しかもやさしい味。やさしさに包まれました」と表現。続いて岡田も味見し「この味に、ビッくらポン!」と、くら寿司のアトラクションに引っ掛けた新ネタを披露した。

 「7種の魚介醤油ラーメン」は4大添加物を一切使わず、こんぶ、かつお、さば、うるめいわし、かたくちいわし、ほたて、ぐちの7種類の素材をブレンドした自家製魚介スープに、鶏がら醤油スープを合わせたダブルスープが特徴。彼氏とラーメンデートもするという鈴木が「けさ、電車の中でじゃれている子供がいたのでメールで“来年には子供つくろうね”って送ったら、“今から、お昼ごはん行ってきます”だって。これどう思います?」と尋ねると、岡田は「まずは結婚が先やろ!」と突っ込んだ。

 自分がボケたい岡田は天然キャラの鈴木相手にやりにくそうで「ラーメンには深みがあるのに、われわれのトークには深みがない。足湯トーク。くるぶしくらいしかありません」と最後も得意の自虐ネタで締めていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2012年11月2日のニュース