地井さんお別れの会…田中邦衛「地井にい、会いたいよ!」

[ 2012年8月7日 06:00 ]

地井武男さんのお別れの会で、言葉を述べた俳優の田中邦衛(右)と吉岡秀隆

 6月29日に心不全のため死去した俳優の地井武男さん(享年70)のお別れの会が6日、東京・青山葬儀所で営まれた。田中邦衛(79)、吉岡秀隆(41)、中嶋朋子(41)らドラマ「北の国から」で共演した俳優仲間ら約800人が参列。田中は「まだ信じられない」と、年下に先立たれた悲しみをあらわにした。

 参列者を代表して計7人が次々と「お礼の言葉」を述べ、最後に「北の国から」の出演者を代表して黒板五郎役の田中が祭壇の前に立った。「会いたいよ!地井にい(兄)、会いたいよ!」。うつむき、涙をこらえる悲痛な表情が印象的だった。

 ドラマで息子役を演じた吉岡が79歳の年齢を気遣って寄り添う中、「おいらまだ信じられない」と無念そうに遺影を見つめた。忘れられないのはシリーズ最終作「北の国から 2002 遺言」のロケ。01年に実の妻を乳がんで亡くした地井さんが、直後にドラマの中でも愛する妻を亡くして号泣する場面での迫真の演技を振り返り、「すさまじい心情が表れる長い長いシーン。芝居じゃないってすぐに分かったよ」と役者魂を称えた。

 多くが優しい人柄を偲(しの)んだ。田中の妻役を演じたいしだあゆみ(64)は「撮影現場では機材を運ぶのをいつも手伝っていらして、よくスタッフさんと間違えられてました」と振り返った。

 日本テレビ「太陽にほえろ」で共演した渡辺徹(51)は、虚血性心疾患のため5月に心臓の手術を受けたばかり。「手術後に携帯を見ると、着信記録が残ってました。自分が入院して大変な時にまで、人の心配をしてくれた。もう一度声が聞きたかった」と涙ぐんだ。

 「刑事貴族」などで共演した水谷豊(60)は「見事な人生でした」と、多くの人を笑顔にし続けた人生を悼んだ。「地井先輩」「豊ちゃん」と呼び合う40年来の仲。最後に会ったのは5月の入院直前で、「“ありがとう、豊ちゃん。ありがとう”とかすれた声で言ってくれました。その時のぬくもりとかすれた声とその表情は僕の宝物です」と声を震わせた。

 会は渡哲也(70)らが発起人となって開かれた。遺影は「ちい散歩」収録時のハンチング帽をかぶり、満開の桜をバックに穏やかな笑みを浮かべた写真。四季を大切にしていた地井さんだからと、祭壇は夏らしいヒマワリなど2万本以上の花で彩られた。

 ◆主な参列者 青木功(プロゴルファー)、田中邦衛、渡哲也、石坂浩二、舘ひろし、栗原小巻、水谷豊、大和田伸也、岩城滉一、加山雄三、ガッツ石松、渡辺徹、萬田久子、中嶋朋子、宍戸錠、研ナオコ、いしだあゆみ、吉岡秀隆、野際陽子、池上季実子、柴俊夫、真野響子、林隆三、音無美紀子、志村けん、三浦友和、峰竜太、竜雷太、立川志の輔、阿藤快、中山忍、布川敏和、城戸真亜子、小泉孝太郎、今井翼、ダチョウ倶楽部、ネプチューン、東貴博、ガダルカナル・タカ、つまみ枝豆、松崎しげる、せんだみつお、草野仁、柳沢慎吾、中井美穂、大東めぐみ、遠藤久美子、彦摩呂、石原良純、金子昇、岩崎宏美、細川直美、生稲晃子、国生さゆり(俳優、タレントら) =順不同=

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年8月7日のニュース