PR:

清盛 女子マラソンに完敗…過去最低の7・8%

ロンドン五輪女子マラソン、タワーブリッジを背に外国勢としのぎをけずる尾崎好美(中央奥)と木崎良子(左から5人目)

 NHK大河ドラマ「平清盛」(日曜後8・00)が過去最低の視聴率を記録した。5日夜の第31回が7・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、6月24日放送分の10・1%を下回った。NHKによると、集計が残る89年以降では同着で過去最低だった「花の乱」の94年8月14日放送分の10・1%のワースト記録も更新。関西地区も8・1%で、記録がある94年以降で過去最低。

 同時間帯ではフジテレビがロンドン五輪の女子マラソンを生中継。関東地区で22・5%、関西地区で21・2%を記録した。五輪の花形種目とはいえ、日本選手のメダルも入賞もなかったレースに、高額の制作費を投じるNHKの看板番組が“完敗”した。

 くしくも、5日の「平清盛」は、最終章となる第3部のスタート。松山ケンイチ(27)演じる清盛が大納言となり、後白河上皇と対立していく様子や、序盤に過去を振り返る形で出演していた源頼朝役の岡田将生(22)が、流された伊豆で暮らす姿で再登場するなど見せ場もあった。

 それだけに局内からは「マラソンがあったとはいえ、2ケタを割ってしまうとは…」と落胆の声が漏れた。同局側は「今後ドラマがクライマックスに向かって行く。楽しみにしてほしい」としているが、プロデューサーがツイッターによる解説を行うなどの試みも視聴率アップに結びついていない。

 次週12日は同局で男子マラソンを中継するため放送を休止。“二の舞い”は免れるが、五輪後に巻き返せるかが注目される。

[ 2012年8月7日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:07月22日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル