津島恵子さんが死去 「ひめゆりの塔」ヒロイン

[ 2012年8月4日 06:00 ]

死去した津島恵子さん

 沖縄戦の悲劇を描いた映画「ひめゆりの塔」などで知られる女優の津島恵子(つしま・けいこ、本名森直子=もり・なおこ)さんが1日午前10時20分、胃がんのため東京都中央区の病院で死去した。86歳。長崎県出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は夫の森伊千雄(もり・いちお)氏。

 松竹大船撮影所で舞踊教師を務めていたところを吉村公三郎監督にスカウトされ、1947年に同監督の「安城家の舞踏会」でデビュー。芸名は出身地の長崎・対馬にちなんで付けられたという。原爆被害を扱った大庭秀雄監督の「長崎の鐘」や「帰郷」などに出演。松竹映画のいわゆる「大船調」のメロドラマのヒロインを演じた。

 その後、小津安二郎監督の「お茶漬の味」(52年)などで注目を集め、今井正監督の「ひめゆりの塔」(53年)では、ひめゆり学徒隊を率いる教師役が高く評価された。黒澤明監督「七人の侍」(54年)で男装の村娘を演じるなど、邦画の巨匠たちに愛された。

 60年代以降も「男はつらいよ 寅次郎真実一路」などの映画に多数出演。NHK大河ドラマなどテレビでも活躍した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年8月4日のニュース