吉本興業 梶原母の生活保護受給は「事実。手続きに瑕疵はない」

[ 2012年5月29日 15:41 ]

母親の生活保護受給についてスポニチ本紙の質問に答える「キングコング」梶原

 吉本興業は29日、同社所属のお笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太(31)の母親が生活保護費を受給していると、同日付のスポーツニッポン本紙が報道した件について声明を発表した。

 昨年3月から生活保護を受給していたという記事の内容を「事実」と認めた上で、「生活保護受給の手続きには何らの瑕疵(かし)もなく、梶原としても母親への精一杯の援助を続けているなかでのやむを得ない経緯があった」と説明。今後は同社が支援し、その上で受給を辞退するとしている。

 梶原がスポニチの取材に応えた経緯についても説明。「生活保護受給の事実は、本来であれば、誰しも明らかにしたくない、暴かれるべきものでもないもの」としながらも「誤解を受けたくない」という梶原の希望から、あえて取材に応じたとしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2012年5月29日のニュース