NHK小林千恵アナ結婚していた…福島放送局アナと8年愛

[ 2012年3月31日 06:00 ]

結婚していたことが分かったNHK小林千恵アナ

 NHKの日曜朝の顔を務める小林千恵アナウンサー(32)が、同局の福島放送局に勤務している大橋信之アナウンサー(42)と結婚していたことが30日、分かった。

 小林アナは早稲田大学を卒業後、02年に入局し、04年3月まで福井放送局に勤務。ここで大橋アナと出会った。関係者は「福井放送局のころにお付き合いをし、今年1月ごろに結婚したようです。交際期間は長く、8年ぐらいでは」と話している。

 小林アナは報道番組からバラエティーまでこなせる30代の実力派。現在はジョン・カビラ(53)と情報番組「サキどり←」(日曜前8・25)に出演し、休日の朝にピッタリなさわやかな笑顔で最新のトレンドを伝えるなど人気のアナウンサーだ。一方の大橋アナも早稲田大学を卒業し、92年入局。昨年秋まで東京で「おはよう日本」のリポーターを務め、安定したアナウンス力に定評がある。

 同局関係者は「2人とも、実直に仕事に向き合うところが似ている。仕事にますますいい影響があるのでは」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2012年3月31日のニュース