KONISHIKI 犬のフンめぐり逆ギレ?暴行

[ 2011年12月15日 06:00 ]

暴行容疑で書類送検されたKONISHIKI。右は妻の千絵さん

 大相撲の元大関でタレントのKONISHIKI(47)が暴行容疑で書類送検されていたことが14日、分かった。妻と自宅近くを散歩中、飼い犬のフンをめぐって30代の男性とトラブルになり、男性の胸を押した疑い。KONISHIKIは「妻を守ろうとしてやった」と話しているという。

 送検容疑は11月12日午前10時ごろ、東京都墨田区で妻の千絵さん(35)と飼い犬の散歩中、「マンションの敷地内でフンをさせた」と注意した男性の胸を片手で1回押した疑い。男性にケガはなかった。

 警視庁本所署によると、KONISHIKI夫妻は同日、愛犬のゴールデンレトリバーを1匹ずつリードにつないで自宅近くを散歩していた。千絵さんが連れていた犬がマンションの敷地内でフンをしたため、マンション所有者(64)の長男の男性が「フンを片付けてほしい」と注意。しかし、夫妻ともに犬がフンをしたことに気付かず「うちの犬のものではない」と否定した。

 その後も「おたくのだ」「うちのじゃない」と言い合いが続き、男性が千絵さんに触れるか触れないかまで接近したため、KONISHIKIが2人の間に入り、男性の胸を突き放したという。

 男性は同日午前10時11分に110番。署員が駆けつけた時には夫妻はおらず、マンション敷地内には犬のものとみられるフンがあった。その後、本所署が捜査し、今月8日に東京区検に書類送検した。

 男性はスポニチ本紙の取材に「犬がフンをするのを見ていた。片付けずに立ち去ろうとしたから注意したら“うちの犬はここでフンをしない”と逆ギレされた」と説明。言い合いの末、千絵さんがフンを片付けようとしたが、KONISHIKIが男性の目の前に立ち「さっき妻に触っただろ」と胸を押されたという。

 一方、KONISHIKI側の関係者は「夫人が男性に“早く片付けろ”と小突かれたので、胸ぐらをつかんだようだ」と説明。現場は日頃の散歩で通るコースといい、これまで同様のトラブルなどはなかったという。

 KONISHIKIは14日、岩手県陸前高田市の幼稚園をサンタクロースの格好で訪れ、子供たちと触れ合った。

 ◆ペットをめぐる“珍”トラブル(年齢は当時)

 ▼アカオオトカゲ 大阪府警は「アルフィー」の坂崎幸之助をワシントン条約国内法違反容疑で書類送検。条約で取引が規制されているのに、ペット輸入販売会社へ譲り渡した疑い。(94年1月)

 ▼ミニブタ 大阪府警は公園にブタを捨てたとして男性会社員(29)を動物愛護法違反容疑で書類送検。「猛烈な食欲に圧倒され置き去りにした」(08年7月)

 ▼ニホンザル 兵庫県警は動物愛護法違反などの疑いでプロレス団体「ドラゴンゲート」の男性レスラー(27)ら4人を書類送検。ペットのサルの首をつかんだり、火を近づけるなどの虐待をした疑い。(09年9月)

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年12月15日のニュース