ギエムが福島で特別公演「被災地の人々を励ましたい」

[ 2011年11月1日 20:28 ]

 フランス出身の世界的ダンサー、シルビー・ギエム(46)が1日、東京電力福島第1原発事故に見舞われた福島県いわき市の「いわき芸術文化交流館アリオス」で特別公演を開いた。

 「被災地の人々を励ましたい」と福島での公演に臨んだギエム。ラベルの曲に振り付けた「ボレロ」などを、長い手足を生かした力強くしなやかな動きで踊った。

 公演後、ギエムは「私は福島の皆さんに勇気を与えられたらと思って来ました。皆さんが早く安らかな生活が送れるようになればいいと思います」と語った。

 ギエムは東日本大震災の発生直後から、欧州での復興支援イベントに積極的に参加。自らも英国で慈善公演を開催するなど、被災者支援に取り組んできた。

 会場は、震災発生後一時、避難所として利用された。1日から全館が再オープン。同館の大石時雄支配人(52)によると、海外アーティストの公演は震災後初めて。「世界的な芸術を目の前で感じ、勇気と希望をもらえる。ギエムの来日は本当にうれしい」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2011年11月1日のニュース