EXILE海外初ライブ!「放浪兄弟」に大歓声

[ 2011年9月26日 06:00 ]

北京の音楽イベントに参加したEXILE

 人気男性グループ「EXILE」が25日、中国・北京国家体育場(通称鳥の巣)で開催された「三国演義―中日韓風雲音楽祭」で海外初ライブを行った。日本代表のトップバッターで登場し、東日本大震災のチャリティーソング「Rising Sun」など3曲を熱唱。約4万人の前で熱のこもったパフォーマンスを披露し、本格的なアジア進出へ弾みをつけた。

 メンバーは不死鳥がデザインされた衣装で登場。「I Wish For You」「Lovers Again」の2曲を歌い終えると、被災地復興の思いを込めて「Rising Sun」を熱唱。日本代表として堂々のパフォーマンスを披露した。

 MCでは14人を代表してKENCHI(31)が「大家好。我是EXILE放浪兄弟的KENCHI(皆さんこんにちは。EXILEのKENCHIです)」とあいさつ。「放浪兄弟」はグループの中国語表記で、EXILEの「放浪者」という意味と、人数が多いからという理由で「兄弟」の字が当てられた。

 KENCHIは続けて「地震が起こってから、中国の皆さんが日本にたくさん援助していただき感謝しています」と約2分のスピーチ。アジア進出の構想が浮上した約2年前からほぼ毎日所属事務所で中国語を学んでいる成果を発揮し、約4万人の観客から温かい拍手が送られた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2011年9月26日のニュース