リクエストに応えた 沢村一樹「失踪人捜査課」スペシャルで復活

[ 2011年8月17日 07:22 ]

テレビ朝日系「警視庁失踪人捜査課」のスペシャルドラマで高城刑事を演じる沢村一樹

 俳優の沢村一樹(44)が主演し、昨年4月期にテレビ朝日系で放送された「警視庁失踪人捜査課」が今冬、スペシャルドラマになる。

 作家・堂場瞬一氏の「警視庁失踪課・高城賢吾シリーズ」(中公文庫)が原作。沢村が警視庁捜査1課の元敏腕刑事で、自身も行方不明の娘がいる失踪人捜査課の刑事・高城賢吾を熱演し、最高視聴率16・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマーク。放送終了から1年以上たった現在も視聴者から続編を望む声がテレビ朝日などに届き、スペシャルドラマ化に至った。

 今回は、失踪人捜査課のある人物の行方が不明になってしまう展開に。沢村は「ストーリーがとにかく面白い。人間ドラマ的な部分も見どころとなっています。今後も皆さんのご期待に応えて、続編を作っていけるように頑張ります」と意気込んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2011年8月17日のニュース