シュワ前知事 「個人的問題」で俳優復帰延期 

[ 2011年5月20日 13:16 ]

 隠し子の存在が発覚した米カリフォルニア州のアーノルド・シュワルツェネッガー前知事は19日、「時間にとらわれずに個人的問題に取り組むため」として、俳優業への復帰を当面延期することを明らかにした。米メディアが伝えた。

 前知事は1月に知事職を任期満了で退任、この夏から映画の撮影が始まる予定だった。

 25年間連れ添った前知事夫妻はこのほど破局。家庭で働いていた女性スタッフと前知事との間に、10代とされる隠し子の存在が発覚したことが理由と分かり、家族や有権者を長期間欺いたとして強い批判が出ている。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2011年5月20日のニュース