黒木瞳 中流死守の主婦役「自分のどこが悪いのよ」

[ 2011年5月20日 19:39 ]

NHKドラマ「下流の宴」の記者会見に出席した(左から)美波、黒木瞳、窪田正孝

 “下流”と“中流”の価値観の衝突を描く、作家林真理子さん原作のNHK総合ドラマ10「下流の宴」(31日午後10時スタート、全8話)の記者会見が東京都内で開かれ、主演の黒木瞳が「一人一人がぶれない価値観を持って生きていて、自分のどこが悪いのよって感じで戦う。それが見ていて気持ちのいいところ。社会派コメディーだと思っています」と語った。

 黒木は理想の“中流家庭”を築いたつもりの専業主婦役だが、高校中退でフリーターの息子翔(窪田正孝)が、同じフリーターの珠緒(美波)と結婚すると言い出したことから、下流転落の危機だと慌て、もがきだす。

 黒木は「(翔や珠緒の言葉に)つい、そうよねって思ってしまうので、他人に共感しないで演じるように心掛けています」と笑った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2011年5月20日のニュース