AKB+NMB 握手会に過去最多3万2000人

[ 2011年4月17日 06:00 ]

東日本大震災後、初の全国握手会イベントを行ったAKB48

 AKB48が16日、震災後初の全国握手会を京セラドーム大阪(大阪市西区)で行った。握手会では過去最多となる3万2000人が集まった。

 5月25日発売の新曲「Everyday、カチューシャ」を初披露。同曲を歌う選抜メンバー26人も発表され、今年元日に劇場デビューした大阪・難波を拠点とする「NMB48」のメンバーが初参加。山本彩(さやか、17)と渡辺美優紀(17)の2人で、山本は「なじめるか不安だったけど、皆さん親切で安心した」とホッとした表情を見せた。

 また、宮澤佐江(20)ら4人による新ユニット「DiVA」はこの日、中国・上海で開催された「神戸コレクション」に出演。5月18日発売のデビュー曲「月の裏側」を初披露した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2011年4月17日のニュース