冨永愛 復興と再生の桜「見てもらいたい」

[ 2011年4月17日 06:00 ]

募金活動を行った冨永愛は感謝の抱擁

 冨永愛(28)らモデル10人が16日、東京・日本橋の高島屋で募金活動を行った。

 冨永が顧問を務めるWFP(国連世界食糧計画)のチャリティー写真展が同百貨店で開催中。その一環で「10円でもいいから、募金をお願いします」と呼び掛けた。また、「東北はこれから桜の時期を迎える。全国のツイッターから約1700本の桜の木を上げてもらった。桜は復興と再生を意味する木。東北の人たちに見てもらいたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2011年4月17日のニュース