「こんな時こそ普通に」ヒートウェイブの山口洋が無料ライブ

[ 2011年3月26日 20:17 ]

 東日本大震災でイベント自粛が相次ぐ中、阪神大震災をきっかけに生まれた曲「満月の夕」の共作者でロックバンド、ヒートウェイブの山口洋(47)が26日、青森県弘前市の弘前学院大でライブを実行、満員の会場に曲を披露した。

 ライブは震災前から予定されており、山口は自粛しなかった理由を「皆が職務を全うすることが、被災地のためになる」と説明。「被災しなかった人々は、こんな時こそ普通に暮らすべきだ」と強調した。

 山口はライブを無料に変更。節電のためアコースティックギターなど最小限の機材を使う内容にして、会場に募金箱も置いた。

 「満月の夕」は阪神大震災の厳しい現実に向き合う人々の姿を歌った曲。被災者に歌われたほか、多くのミュージシャンがカバーしたことで知られる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2011年3月26日のニュース