E・テーラーさんに告白 J・ディーン虐待被害に悩む

[ 2011年3月26日 15:30 ]

 米ニュースサイト「デーリービースト」は25日までに、このほど死去した米女優エリザベス・テーラーさんから生前に聞いた話として、俳優のジェームズ・ディーンさんが子どものころ、性的虐待を受けていたと報じた。

 映画「ジャイアンツ」(1956年)で2人が共演した際、ディーンさんがテーラーさんに打ち明けたという。

 テーラーさんは、ディーンさんが子どものころに母親を亡くした後、「聖職者による虐待が始まった。彼はそのことで死ぬまで苦しんだ」と話した。

 テーラーさんは97年のインタビューで「この話は私が死ぬまで書かないでね」と前置きして、ディーンさんについて語ったという。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2011年3月26日のニュース