競馬とは学生時代からの縁 優木まおみ「毎週通ってました」

[ 2011年2月18日 15:54 ]

競馬ゲーム機「スターホース3」のPRイベントに登場した優木まおみ
Photo By スポニチ

 タレントの優木まおみ(30)が18日、千葉・幕張メッセで20日まで開催中の業務用ゲームイベント「AOU2011 アミューズメント・エキスポ」内で行われた、セガの業務用競馬ゲーム機「スターホース3」のプロモーションイベントに登場した。

 JRA-VANのイメージキャラクターで、フジテレビ系競馬中継「みんなのケイバ」でキャスターを務める優木は競馬好きで有名。競馬の魅力を問われると「一度競馬場に足を運んでいただいて、足音だったり、歓声だったりを肌で感じますし、テレビで見ている以上にワクワクします。そういうのを現場で味わってもらいたい、やっぱり迫力がすごくあるので。好きな馬がいっぱいいすぎて…」と目を輝かせた。

 実際に馬券を買うようになったのは番組のキャスターを始めた1年半ほど前だというが、東京学芸大出身の優木は学生時代、京王線の府中競馬正門前駅近辺に住んでいたという。「大学3年の土日に府中競馬場でアルバイトをしていたことがあって、毎週通っていたんです。ただ、アルバイト中は買うことはできなかったんですけど、馬が走るところを真ん中から見ていて、こうやってキャスターをやらせていただいて、不思議な感じがします」と意外な過去を告白した。

 そんな優木は好きな馬は?と聞かれ、「このレースはこの馬が強いと予想はしても、思い入れの強い馬はついつい馬券を買ったりしてしまいますよね。ローズキングダムも最初に走った時から見ていたので、ずっと応援していますね」。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2011年2月18日のニュース