頑張り報われる…二宮&松ケンで宮崎が笑顔に

[ 2011年2月7日 06:00 ]

 「嵐」の二宮和也(27)と松山ケンイチ(25)が共演した映画「GANTZ」(監督佐藤信介)の大ヒット御礼イベントが6日、宮崎市内で行われた。劇場で計3回の舞台あいさつを予定していたが、予想以上の人出で急きょ屋外駐車場でも実施。鳥インフルエンザや新燃岳(しんもえだけ)噴火に見舞われる宮崎に、つかの間の笑顔が戻った。

 宮崎セントラルシネマで計3回、約1200人を対象に行われた舞台あいさつ。ところが、5日までの公開1週間で観客動員数100万人を突破したヒット作だけあり、周囲に1万1000人もの人が殺到。急きょ屋外の駐車場スペースを借りての“緊急登板”となった。最終的に計約2万2200人を前にあいさつを行い、二宮が「圧巻。(コンサート以外で)しゃべるだけで、こんなに集まってくれたのは初めて」と話せば、松山も「(1万1000人の中に)飛び込みたい。記憶に残るイベントになった」と興奮冷めやらぬ様子だった。

 「二宮&松山を自分の地域の劇場に呼ぼう」と実施した映画のキャンペーン。上映されている全国410館が入館者らによる応募数で競い、総数約19万のうち約1万5000を集めた同劇場でのイベントの開催となった。

 今年に入り鶏の殺処分などに追われていた宮崎県だが、1月27日に鹿児島県境の新燃岳が噴火。麓の都城市や高原町などで降灰被害が広がり、農家をはじめ市民生活に影響が出ている。

 劇場周辺では6日、火山灰のため1キロ先がかすみ、肉眼でチリのようなものも確認できた。それでも二宮が「大変なことがあると思いますが、僕たちは呼んでもらえれば来ます。頑張りが報われる日が来るということです」と語りかけると、マスクをしたファンは皆笑顔。一部で避難勧告が出されている高原町から来た30代女性は「暗いニュースばかりですが2人が来たことで元気づけられました」と話した。

 ともに初の宮崎入り。松山は「“GANTZ”で盛り上がって、ちょっとでも気持ちが晴れたらいいなと思う」。二宮は「鳥インフルエンザや噴火とタイミングが重なりましたが、意義のあるイベントになりました」と語気を強めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2011年2月7日のニュース