女子アナブームのはしり 頼近美津子さん死去

[ 2009年5月19日 16:03 ]

インタビューに答える頼近美津子さん(98年1月)

 テレビのニュース番組などで活躍した元アナウンサーの頼近美津子(よりちか・みつこ=本名、鹿内キャサリーン美津子=しかない・きゃさりーん・みつこ)さんが17日午後1時46分、心不全のため千葉県内の病院で死去した。53歳。広島県出身。葬儀は近親者で行った。喪主は長男鹿内雅雄(しかない・まさお)さん。後日、お別れの会を開く予定。

 1978年、NHKに入局。ニュース番組のキャスターなどを務め、人気を集めた。
 81年にフジテレビに移籍、「小川宏ショー」などに出演した。84年、フジテレビの鹿内春雄副社長(当時)と結婚、引退し話題になった。88年に春雄氏が死去した後、NHKの番組「名曲音楽館」の司会者として復帰。クラシックコンサートの司会なども務めた。

 所属事務所によると、2年前から食道がんの治療を続けており、先月13日に体調を崩して入院していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2009年5月19日のニュース