藤あや子勝訴!新潮社の132万賠償が確定

[ 2009年1月14日 06:00 ]

 演歌歌手の藤あや子(47)が、前夫や交際していた男性をめぐる月刊誌「新潮45」の記事でプライバシーを侵害されたとして、発行元の新潮社(東京)などに3300万円の損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は13日、新潮社側の上告を退ける決定をした。132万円の支払いを命じた1、2審判決が確定した。同誌の06年9月号は「昭和&平成芸能史“女と男”十三の修羅場」との特集で、藤の記事を掲載。新潮社側は「記事内容は多数の週刊誌で既に報じられている」と主張したが、1、2審ともプライバシー侵害を認めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2009年1月14日のニュース