ひき逃げの清水健太郎被告に懲役10月を求刑

[ 2009年1月14日 10:16 ]

 東京都台東区の路上でひき逃げしたとして、自動車運転過失傷害と道交法違反の罪に問われた俳優の清水健太郎(本名園田巌)被告(56)は14日、東京地裁(秋吉淳一郎裁判官)の初公判で起訴事実を認めた。

 検察側は「被害者を助けずに逃げており卑劣だ。有名芸能人による事件で、社会的影響も大きい」として懲役10月を求刑。弁護側は寛大な判決を求め、即日結審した。判決は28日。
 清水被告は被告人質問で「逃げたことを反省している。ファンがいる限り、もう一度がんばりたい」と謝罪した。
 検察側の冒頭陳述によると、清水被告は乗用車を運転中の昨年10月27日夕、台東区浅草二丁目の交差点で自転車の男性会社員と衝突。胸などに軽傷を負わせたが、「芸能界での活動が難しくなる」と考えて逃走。翌日、車を修理に出し、隠ぺい工作をしたという。
 警視庁は目撃された車のナンバーから清水被告の関与を捜査していたが、同月30日になって自ら浅草署に出頭した。
 清水被告は1976年に「失恋レストラン」で歌手デビューし、その後俳優として活躍。これまで覚せい剤取締法違反(使用)などの罪で実刑判決を受けたことがある。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2009年1月14日のニュース