「おくりびと」候補入りも/アカデミー外国語映画賞

[ 2009年1月14日 08:19 ]

 米映画芸術科学アカデミーは13日、今年のアカデミー賞の外国語映画部門で候補入りする可能性がある9作品を発表、日本の「おくりびと」(滝田洋二郎監督)などが選ばれた。正式な候補の5作品は22日に発表される。

 「おくりびと」は遺体をひつぎに納める“納棺師”の姿を通して、生と死の尊さを描いた物語。俳優の本木雅弘(43)や女優の広末涼子(28)らが出演している。
 アカデミー賞各賞の最優秀賞の発表・授賞式は2月22日に米ロサンゼルスで行われる。
(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2009年1月14日のニュース