×

那須川天心 SNSの誹謗中傷に危機感「度が過ぎてる」「若い芽や可能性が沢山潰されてる」

[ 2022年6月28日 11:45 ]

那須川天心
Photo By スポニチ

 格闘技イベント「THE MATCH 2022」で「世紀の一戦」でK―1王者・武尊(30)を判定5―0で下したキックボクシングのRISE王者・那須川天心(23)が、28日に自身のインスタグラムを更新。SNS上で展開される著名人への誹謗(ひぼう)中傷への危機感をあらわにした。

 天心は「最近の世の中はおかしい気がします」と書き出し「SNSって簡単に人と繋がれたり著名人と距離が近くなったり身近に感じるって事が多くなった反面 人の事を叩いたり、顔も見た事無い奴らに悪口言ったり、グループで仲良くなって集団で虐めたり悪い事も沢山ある」とSNSについて投稿。「みんな人間だぜ なんで会った事もない人、人前に立って頑張ろうとしてる人にそれが出来る?顔も見せずに人を叩いていいねを沢山もらってそれで幸せか?」と怒りを込めた。

 「もちろん人前に立つ人も覚悟は必要だと思うよ だけど最近は度を越している事が多いと思う」とつづり「SNSが怖くて人の前に立てない人もいるSNSの誹謗中傷のせいで若い芽や可能性が沢山潰されてる エンターテイメントが出来なくなってる」と思いを投稿。「もちろん人間だから誰だって失敗する 完璧な人なんていない 表に出てる人は失敗を見られる事が多い だから失敗が目立つよね 誹謗中傷してる奴らは自分が失敗してる姿なんて見てもらえないだろ 怖くて見せる事もできないだろ」と中傷を書き込んでいる人へ向けてチクリ。

 「でもさ、失敗を人に見せれるって幸せな事なんだぜ SNSが世界だと思うなよ こんなくだらない世界が全てだと思うなよ 全部フィクションだと思ってた方が良いぜ」といい「俺の事が好きな人、俺のファンでいてくれる人はわかってほしい 悪口言われても言い返すんじゃなく 全部交わしてほしい 俺はいくら言われても大丈夫だから 大きな心を持って生きてほしい 良い世界になりますように」と呼びかけた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年6月28日のニュース