尚弥、ドネアの左フックで2回から「二重に見えた」満身創痍の攻防戦に父・真吾も冷や汗

[ 2019年11月7日 23:50 ]

WBSSバンタム級トーナメント決勝   〇WBA&IBF王者・井上尚弥 判定 WBAスーパー王者ノニト・ドネア● ( 2019年11月7日    さいたまスーパーアリーナ )

11R、右を当てる井上尚弥(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント決勝は7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA&IBF世界同級王者・井上尚弥(26=大橋)は5階級制覇のWBA同級スーパー王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)に判定勝ち。WBSS優勝を飾り、ムハマド・アリ・トロフィーを獲得。WBA同級スーパー王座を統一するとともに3度目の防衛、IBF王座の初防衛に成功した。プロデビューから19戦全勝。

 2回でドネアに左フックをもらい、最終ラウンドまで「ドネアが二重に見えている状態」で戦い抜いた井上。右ストレートすら打てない満身創痍での攻防に井上の父・真吾さんも「ヒヤヒヤした。良い意味で初心に戻れたと思う」と試合を振り返った。

 井上自身も「試合前から言っていた世代交代を結果的にはできたと思うが、期待通りの試合はできなかった。ボクシングはやはり、甘くはない」と気を引き締めた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年11月7日のニュース