激闘のドネア、井上尚弥称える「自分のパンチをあれだけ耐えられる選手いなかった」

[ 2019年11月7日 23:12 ]

WBSSバンタム級トーナメント決勝   〇WBA&IBF王者・井上尚弥 判定 WBAスーパー王者ノニト・ドネア● ( 2019年11月7日    さいたまスーパーアリーナ )

12Rの激闘を終え、井上尚弥を称えるドネア(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント決勝は7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA&IBF世界同級王者・井上尚弥(26=大橋)は5階級制覇のWBA同級スーパー王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)に判定勝ち。WBSS優勝を飾り、ムハマド・アリ・トロフィーを獲得。WBA同級スーパー王座を統一するとともに3度目の防衛、IBF王座の初防衛に成功した。

 井上と最終12回まで死闘を繰り広げたドネア。試合後に井上と健闘を称え合い、リングから退場する時には観客から大きな声援を受けた。

 「ドネア選手がめちゃくちゃ強かった」とレジェンドの力を認めた井上。ドネアは「井上尚が真のチャンピオンであると証明した試合だ。今まで闘ってきた中で、自分のパンチをあれだけ耐えられる選手はいなかった。率直におめでとうと言いたい」と称えた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2019年11月7日のニュース