【浜田剛史 かく戦え】尚弥、ドネアの“捨て身”左フックに気をつけろ!

[ 2019年11月7日 10:00 ]

WBSSバンタム級トーナメント決勝   WBA&IBF王者井上尚弥 VS WBAスーパー王者ノニト・ドネア ( 2019年11月7日    さいたまスーパーアリーナ )

計量をパスし、ドネア(右)と握手を交わす井上尚弥(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 ドネアは全盛期を過ぎているとは言え、まだまだ一発の強さを持っている。要注意はやはり左フック。当たれば威力があるので常に警戒しなくてはいけない。その左を食わないように攻撃することが必要になる。ただ、以前と比べてドネアが打たれる場面が増えたのは事実で、そこは大きな違いだが、相手が打つタイミングで同時に打ってくる左フックが実は一番怖い。ドネアサイドは相打ち狙い、肉を切らせて骨を断つ戦法に自信を持っているので、そこは注意しなければいけない。

 注意するのはその1点だけでいい。あれもこれもと考えると、井上尚弥の本来の攻撃が止まってしまう。ここまでの井上尚の攻撃スタンス、流れは抜群で、準決勝のロドリゲス(プエルトリコ)戦も1回は攻められていたが、2回は攻めにいって自分の良さが出せていた。攻めれば自分のリズムをつくれるが、相手を意識し過ぎて自分の攻撃をセーブすると良さが消えてしまう可能性もある。今の自分のいい流れを生かして、あとはドネアの左フックを注意する。それで十分だと思います。

 ウバーリはとにかく手数が多い。一発の迫力はないが、手を出してリズムをつくり、流れに乗って前に出てくる。ペースに巻き込まれると多くのラウンドでポイントを持っていかれてしまうので井上拓真は相手のペースにさせないことが大事になってくる。(元WBC世界スーパーライト級王者)

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年11月7日のニュース