ドネア“世代交代”に待った!! 尚弥倒して「最強を証明」

[ 2019年11月7日 05:30 ]

WBSSバンタム級トーナメント決勝    (WBA&IBF王者)井上尚弥 VS(WBAスーパー王者)ノニト・ドネア ( 2019年11月7日    さいたまスーパーアリーナ )

計量を一発パスしたドネア(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 軽量級5階級制覇のレジェンドであるドネアは53.3キロで計量を1度目でパスした。初戦、準決勝に続く一発クリアに「普段は130ポンド(58.97キロ)。そこから徐々に落としてきた」と減量について振り返った。リカバリーは水分、サラダ、フルーツで行い、試合までに4.54~5.44キロほど戻す見通し。そのために「このあとはラーメンを食べて、夜はステーキだ」と明かした。

 通算46試合目の戦いを控え「この試合のために、今までのキャリアがある」と10歳年下の井上が掲げる“世代交代”に待ったをかけるつもりだ。勝者に贈られるムハマド・アリトロフィーを前に「獲得できれば最強の証明。このトロフィーをリング上で掲げることを楽しみにしている」と語った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年11月7日のニュース