【RIZIN.18】浜崎朱加 貫禄一本勝ちで5連勝「ノンタイトル戦だからこそ」

[ 2019年8月18日 19:37 ]

RIZIN.18   ○浜崎―ロケット● ( 2019年8月18日    ドルフィンズアリーナ )

浜崎朱加(左)はアームバーでアム・ザ・ロケットに一本勝ち(C)RIZIN FF
Photo By 提供写真

 ノンタイトル戦でも、女王の貫禄は変わらない。第12試合の女子49キロ契約で、女子スーパーアトム級王者の浜崎朱加(37=AACC)がアム・ザ・ロケット(23=タイ)を1R3分29秒、アームバーで一本勝ちした。

 立ち上がりから目まぐるしいグラウンドの攻防。マウントの取り合いの中でも、浜崎には絶対の自信があった。最後はロープ際で巧みに体勢を入れ換えて、得意のアームバー。ロケットはまるで身動きできなかった。

 「危ない場面もあったけど、しっかり(腕を)極められて良かった」

 RIZINでの連勝を5に伸ばし、少しだけ頬が緩む。今月上旬には、女子総合格闘技のレジェンド、藤井恵さんがインストラクターを務める広島県福山市のジムで強化合宿。坂道ダッシュや150段ある階段を上り下りして、徹底的に下半身をいじめ抜いた。

 「ノンタイトル戦だからこそ、きょうは負けられなかった。スーパーアトム級は強い選手が増えてきたけど、これからもしっかり防衛していきたい」

 37歳のまさに円熟期。絶対女王の天下はしばらく続く。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年8月18日のニュース