【RIZIN.18】初参戦の16歳、桜井宇宙は判定負け 最年少勝利ならず

[ 2019年8月18日 14:45 ]

RIZIN.18   ○堀尾―桜井● ( 2019年8月18日    ドルフィンズアリーナ )

堀尾(右)と対戦した桜井(C)RIZIN FF
Photo By スポニチ

 57キロ契約のキックボクシングルールで行われた第1試合で、地元でのRIZIN初参戦となった16歳の桜井宇宙(COMRADE)が判定負けした。

 Krushのベルトを巻くなど実績のある堀尾竜司(27=TRY HARD GYM)に臆することなく向かっていき、1R終了間際には右膝蹴りからパンチの連打で攻めた。だが、堀尾がプレッシャーをかけてきた2R以降はコーナーに詰められるなど防戦を強いられた。3R2分20秒すぎにはガードが下がったところで連打を浴び、スタンディングダウンを取られた。

 判定は0―3。「大物を食って、RIZINで新しいスターとしてやっていきたい」と意気込んでリングに上がったが、RIZIN最年少勝利はならなかった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年8月18日のニュース