尚弥「感動してうるっときた」、レジェンドらも村田絶賛

[ 2019年7月13日 05:30 ]

WBA世界ミドル級タイトルマッチ   ○同級4位・村田諒太 TKO2回2分34秒 王者ロブ・ブラント● ( 2019年7月12日    エディオンアリーナ大阪 )

村田戦を観戦する中村アンと井上尚(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 村田の王座奪還に世界チャンピオンたちも興奮気味だ。南京都高(現京都広学館高)、帝拳ジムの先輩で元WBC世界バンタム級王者の山中慎介さんは試合後に村田と拳でタッチし「おまえってやつは本当に凄いな。前の敗戦を全部生かして、それを出す。大した男としか言いようがない」と褒め称えた。

 元世界3階級制覇王者の長谷川穂積さんは「前回の敗戦を見事に経験にして、より強い村田諒太を見せてもらえた。心からうれしい。まだまだこれからも試合を見たい」と33歳の今後の活躍も期待した。

 WBA&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)は「感動し過ぎて、人のボクシングを見て、初めてうるっときた」と興奮気味に話し、「村田さんは頭がいいので、前の試合から闘い方を変えた」と試合運びを称賛。自身は今秋に世界5階級制覇王者のドネアとのワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)決勝を控えており「レジェンドの強い選手に勝って優勝したい」と力強く語った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年7月13日のニュース